カーオーディオチーム  インパルスゾーン LINEスタンプ発売中


by car-audio

Impulse Zone リーダーのオーディオ歴

高校生の時に、ホームオーディオにハマル。
秋葉原の試聴会に通う。

そして、Fusion, Jazz にも出会う。
大学生時代・会社員時代は
共にオーディオが趣味。

部屋は畳敷きなので、だいたい
どんなスピーカースタンドを使っても
安定しない。

ですので大きな板を買ってきて
板+ブチルゴム+板+ブチルゴム+板と
サンドイッチ状態のボードを製作。
このボードの上にスピーカースタンドを立て
スピーカーを設置。

この製作したボードは優れもので
音が、凄く良くなる。

カーオーディオで言うところの
デッドニングですね。

当時、ブチルゴムは、
なかなか売ってなかったですし
大きな板に貼るには、
大量のブチルゴムが必要だったので
ほうぼう探し回った。

変わったところでは、
例えば、屋上のコンクリートに
人工芝を貼るための粘着テープとして
ブチルゴムが売られていた。
制振材としては売られていなかった。
ちなみに店は、渋谷の東急ハンズでした。

カーオーディオに興味がなかった頃
「ホームオーディオで使ったブチルゴムを
車で使ったらどうなるだろう?」と考え、
鉛板をスピーカーにブチルゴムで貼ると!
効果は絶大だった。
この時、デッドニングという言葉が
あったかどうかは知らない。

ホームオーディオ熱が冷めた頃
秋葉原のカーオーディオショップの
in・pulse を覗いていたら
現在はいない店員に強く勧められ
アンプとスピーカーを購入。
アンプが、JENSENのNitro
スピーカーが、Boston Acousticsだった。

当時、プレリュードに乗っていたが
店員に教わったとおりに
デッドニングし
スピーカーはアウターでインストール。
これが、今考えれば、
まぐれで凄く上手くいった。
それからは、
色々試して音を良くしていった。

私は、あまりシステムは変更しない。
アンプならアンプの能力を引き出して
「こりゃあ無理だ!」と判明してから
でないと買い換えない。

オーディオは出ない製品を買ってしまうと
悲惨である。
どんなに頑張っても無理なものは無理。
製品は慎重に選びたい。

私の友人が私の「まぐれのオーディオ」の
音を聴いて感動し、そのまた友人に
その感動を伝えると、
その友人は、ショップに製作依頼し
100万円も払ってしまったが音は最悪。

騙されたのか、
はたまた単にショップに
腕や知識がなかったのか・・・。
ショップも慎重に選びたい。




チームリーダー Kさん@シュン
[PR]
by car-audio | 2013-05-27 04:59 | カーオーディオ